top of page

内視鏡検査で、お尻をみられるのが恥ずかしいですが、どうすればよいですか?



当院に寄せられる質問で多かったものについて、当院院長・千原直人がお答えします。

今回の質問は、


「内視鏡検査で、お尻をみられるのが恥ずかしいですが、どうすればよいですか?」


という質問です。


千原先生の解答はこちらです。(先生のプロフィールは、こちらからご覧ください。




大腸内視鏡検査を受ける際「お尻や肛門を見られたくない」と思う女性が大半だと思いますが、当院では下腹部が隠れるようにタオルケットを敷いたり検査用の使い捨てハーフパンツを着用するため必要以上の部位は隠れるため問題ございません。


検査中は全くと言っていいほどお尻を見ることはありません。


あくまで見るのは腸です。


ただ異常所見がない場合、肛門の観察にはそれほど時間はかけません。

また、当クリニックでは女性の看護師が検査のサポートを行っていますので問題なく検査を受けられます。


お悩みの時は、お気軽にご相談ください。



bottom of page