top of page

炭酸ガスを使った大腸カメラ

下剤を飲む辛さを省いた大腸カメラ

下剤を飲むのが苦痛であるという患者様はご相談下さい。
検査前にレントゲンを撮っていただき腸閉塞の状態ではないことを確認してから、

胃カメラで下剤を注入することもしております。

希望される方で両検査を検討されている場合はご相談ください。

当院では微細ながんなどの病変を素早く正確に発見できるように特殊な波長の光や画像

処理、拡大画像機能で早期発見を心掛けています(経口内視鏡に装備)。

病理検査(顕微鏡検査)の結果を待たずして良性、悪性の区別を大方つけることができます。

富士フイルムの最新鋭内視鏡システム「ELUXEO 7000システム」導入

胃カメラ機材

最新下部内視鏡スコープのEC-760Z-V/Mを採用。粘膜表層の微細な血管や粘膜の微細な構造などを強調して表示する機能「BLI」や、画像の赤色領域のわずかな色の違いを強調して表示する機能「LCI」など目的に応じた観察画像を作り出すことができます。また、光学拡大率最大約145倍の拡大観察が可能で、粘膜の表面を詳細に観察し微小な病変の観察をサポートしてくれます。それによって表面構造をパターン化することで良性、悪性の区別を大方つけることができます。大学病院在籍時の私の研究テーマの一環でございました。

内臓の様子

大腸癌や大腸ポリープだけでなく炎症性腸疾患であるクローン病や潰瘍性大腸炎(難病指定)など幅広い大腸疾患の診断も可能となります。

炭酸ガス(CO2送気)を使用

大学と同じように当院では空気の代わりに炭酸ガスを使用して消化管を膨らませます。
検査中は観察のために大腸を膨らます必要がありますが、当院では空気で膨らます代わりに炭酸ガスを使用します。吸収されやすく呼気として自然に排出されるためお腹の張りが素早く解消されるため、検査後は空気よりも圧倒的に楽です。在籍していた大学で導入当初は研究として炭酸ガスモニターを使用し血中のCO2濃度を測定しておりましたが、安全性が確認されたため現在、炭酸ガスモニターは使用しておりません。(腹腔鏡手術も同様に腹腔内へ炭酸ガスを使用して膨らませるのが世界標準です)

内視鏡検査機材

内視鏡用炭酸ガス送気装置 GW-100

日帰り内視鏡手術

検査中に早期大腸癌や将来がん化する可能性がある大腸ポリープ(約10mm以内)を発見した場合、その場で内視鏡的に切除する日帰り手術を行っております。

また、組織を採取して病理検査も行なっております。

鎮静、鎮痛剤で検査中の苦痛を和らげます

鎮静剤を用いることで、眠った状態で検査を受ける事が出来ます。

 

検査前に点滴による鎮静、鎮痛剤を投与します。
また、鎮痙剤の投与を行うことで腸の蠕動運動を抑えます。

大腸内視鏡検査時の主な流れ

01

注射と鎮静剤の投与

検査前に腸の動きを止める薬を注射します。

この時点で鎮静剤も投与します。

02

大腸内視鏡を挿入(検査の開始)

検査時は左側を下にしてベッドで横になり、肛門に麻酔薬の入ったゼリーを塗り、大腸内視鏡を挿入していきます。

03

腸管内を観察

主に大腸などの内腔を隅々まで観察し、病変(炎症、ただれ、腫瘍 など)の有無を確認します。必要があれば組織の採取(生検)も行います。

04

検査終了

一通り観察を終えたら検査は終了です。検査時間は当然個人差がありますが、盲腸到達時間は平均2〜3分です。腹部手術歴のある患者様などは少々時間がかかることがございます。引き抜き時に全大腸の粘膜を観察していきます。病変があった場合には詳細な観察を行うため検査時間は延長致します。

05

リカバリールームへ移動

ストレッチャーに寝たままリカバリールームへ移動していただきます。

鎮静剤を使った検査の後は、鎮静剤の拮抗薬を投与して目覚めを促します。その後はしっかり覚めるまで少しお休みいただいております。当院ではストレッチャーに横になったまま患者様をリカバリールームへお運びして、そのままお休みいただけるようにしています。なお、リカバリールームは個別になるよう設計がされているため、プライバシーは守られます。

06

胃カメラと大腸カメラを同日に受けることができます

当院では、空気ではなく炭酸ガスを使用しているため検査後のお腹の張りが少ないために胃と大腸の内視鏡検査を1日で受けていただけるようにしています。胃カメラを行なった後にストレッチャーを回してそのまま大腸カメラを行います。

WEB予約はこちらから
bottom of page